HOMEに戻る
振興会の紹介点検整備リコール情報整備工場整備士情報自動車登録番号標の交付希望ナンバー制度光るナンバー点検教室ユーザー向け情報
点検・整備に関するQ&A
Q1 車検の受ける際の総費用は、どれくらいかかるのですか?
A

車検の際の総費用は、クルマの点検・整備に必要な技術料金と部品代などの点検・整備料金と、自動車重量税、自賠責保険料、検査手数料などの税金等諸費用に大別されます。あらかじめ見積りを提示してもらい、整備事業場との合意のうえで車検作業を依頼しましょう。

車検時には点検・整備料金税金等の諸費用が必要です。

点検・整備料金 点検技術料金 定期点検で義務づけられている項目の点検を行う技術料金
 整備技術料金 点検の結果、整備が必要な箇所の整備を行う技術料金
お客さまのご用命により行う整備の技術料金
部品・油脂代金 使用部品、エンジン・オイル等の代金
その他 点検のためのエンジン、下廻り等の洗浄料金等

税金等の諸費用 自動車重量税 車検時に国へ納める税金
37,800円
自賠責保険料 自動車使用者が必ず入らないければならない法律で定められている強制保険の保険料
27,600円※
検査手数料 検査を受け、自動車検査証の交付を受けるための国へ納める手数料
1,400円
合 計 66,800円
※24カ月契約の本土適用金額です。

この他、検査代行手数料消費税等が必要です。


Q2 定期点検整備では、どういうところを点検・整備するのですか?
A 定期点検整備には1年点検と2年点検があり、故障を未然に防ぐための予備整備、また、ドライバーの安全維持と公害防止のために行うという、大変重要なものです。2年点検の代表的な点検項目は次のとおりですが、整備事業場では、プロとしての知識と技術を生かしてきびしくチェックし、必要に応じて整備を行います。

[かじ取り装置]
ハンドルの操作具合
ロッド、アーム類の緩み、がた、損傷の点検
[制動装置]
ブレーキのきき具合の点検
[制動装置]
ブレーキ・パッドの摩耗の点検
ブレーキ・ディスクの摩耗、損傷の点検
ディスク・キャリパの液漏れ、機能、摩耗、損傷の点検
[制動装置]
ブレーキ・ライニングの摩耗の点検
ブレーキ・ドラムの摩耗、損傷の点検
ホイール・シリンダの液漏れ、機能、摩耗、損傷の点検
[走行装置]
ホイール・ベアリングのがたの点検
[緩衝装置]
サスペンション取付部、連結部の緩み、がた、損傷の点検
ショック・アブソーバの損傷、オイルの漏れの点検
[動力伝達装置]
ドライブ・シャフトの連結部の緩みの点検
[点火装置]
点火プラグの状態・点火時期の点検
[原動機]
ファン・ベルトの緩み、損傷の点検
エア・クリーナ・エレメントの汚れ、詰まりの点検
[原動機]
排気ガス・テスターを使ってのCO、HCなどの点検
[公害防止装置]
公害発散防止装置等の点検
   

 

    一般社団法人 大分県自動車整備振興会 〒870-0907 大分市大津町3-4-13 TEL097-551-3311 FAX097-556-4890